女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師のよくある質問 >> 女性医師に人気の診療科は?

女性医師に人気の診療科は?

年々少しずつ増えている女性医師は、厚生労働省の平成24年の調査によると、5万9641人となっています。その年の全国の医師数は30万3268人となっているため、女性医師は全体の5分の1を占めるのです。

女性医師は、数ある診療科の中でも、皮膚科、眼科、小児科、産婦人科に多く属しています皮膚科での男女比は6:4、眼科、小児科、産婦人科では7:3と女性の活躍が見られます。女性医師の場合、もちろんやりたい診療科があって医師となる人もたくさんいますが、医学部時代に数ある診療科の中から女性ならではといえる人気の診療科を選ぶ人も多いものです。その診療科を選ぶ基準として、下記のようなものがあります。

まずは、「長時間の手術やオンコールがなく、勤務が大変でない診療科」これには、皮膚科や眼科、精神科があたります。また、「女性患者が多く女性医師という立場を活かして働くことのできる診療科」これには、産婦人科や小児科などがあります。

最後に「総合的な診療ができる診療科」として、内科があります。自分の志望だけでなく、家柄や周りの影響もありますが、女性医師にとっては、結婚や出産をしても医師という仕事を続けられるということで、皮膚科や眼科、精神科を選ぶことも多いようです。また、皮膚科については、女性が強く感心を抱くものでもあり、アンチエイジングやシミ取りといった美容皮膚科として自由診療にも対応していけるという強みもあるでしょう。

また逆に、患者の立場から女性医師を求められているのが、胸や内性器に関する診察です。デリケートな部分だけに、男性医師と女性医師で能力に差はなくても、患者にとっては、男性医師に診察してもらうことは、ハードルの高いものです。そのため、女性医師がその入り口となって患者を診察することで、必要に応じて男女関わらず専門の医師に診てもらうことができるようになります。そんな声から、子宮がん検診や乳がん検診などを中心に、女性医師をおく医療機関が増えてきています。そのため健診を申し込む時に、男性と女性の医師のどちらを希望するかを聞いてくれる市町村や自治体も出てきているようです。

近頃では、不定愁訴の分野でも女性医師が求められています。不定愁訴とは、倦怠感、頭痛、腹痛などの身体的な症状があるにもかかわらず、検査では異常がなく、明らかな原因となる身体的異常が見つからない場合に不定愁訴と診断されます。原因不明ということで、はっきりしない不快感、本人以外には分からない辛さが更に症状を悪化させることもありますが、女性医師だと、女性ならではの大変さや子育ての苦労の共感ができる、という理由で多くの患者から求められているようです。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.