女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師のよくある質問 >> 女性医師の子育ては?

女性医師の子育ては?

医師でありながら、一人の女性として出産して子どもを育て上げるためには、人並み以上の努力と周りのサポートが必要になります。それは、医師という命を預かる仕事であるからです。務める医療機関によっては、当直やオンコールでいつ呼び出されるか分からない状況が続き、夫や子供と向き合う時間を取ることができない医師もいるでしょう。そんな守らなければならないものが多い医師の子育ては容易ではありません。では、女性医師はどのように子育てをしているかというと、様々なケースがあるようです。

まずは、キャリアを継続させる方法です。子どもが幼い時には日々の子育てだけではなく、保育所や託児所への送り迎えが必要になります。それを、夫に任せるという方法です。専業主夫として家庭で子育てや送り迎え、家事をお願いすることで、医師としてのキャリアを守り、これまでと同じような生活が可能になるでしょう。しかし、夫が専業主夫を望まない場合には、そのような生活ができません。そんな時には、深夜や早朝預かりをしている託児所やベビーシッターを雇って子育てを代わりにしてもらうという方法もあります。

他にも、医療機関や診療科によっては、当直や時間外業務を免除してもらえたり、両親や周りの人の援助によって、キャリア継続が可能になりますので、決して諦めずに様々な方法を当たってみることが重要といえるでしょう。

一方で、休職という方法もあります。結婚や出産を機に医療現場から少し離れ、専業主婦として子どもと向き合い、小学校進学やある程度まで育った時に、復職という形で医療現場に戻る方法です。この形の休職だと、育児休暇ではカバーできない年数が必要になりますので、一旦退職する形になってしまいます。しかし、新たな医療機関や条件の良い職場に出会えると、子どもと正面から向き合う子育てと医師としてのキャリアをどちらもほどよく守り切れるのかもしれません。

一度退職して再就職という形になりますので再就職活動の必要がありますが、上手くいけばこれまでのキャリアを生かした職場で条件の合った職場が見つかるかもしれません。これまでのキャリアを生かして再就職活動を行うためには、それなりの経験年数と実力が必要となりますので、この場合には20代や30代前半での出産は少し難しくなるでしょう。

また他にも、キャリアを諦めて家庭を優先させる方法もあるでしょう。経済力があれば専業主婦という形で家事や子育ても可能になりますし、自身の医師という資格を活かして週に数回のアルバイトで生計を立てることもできます。この場合には、当直や激務といった問題はなくなり、体力的にも精神的にも落ち着いて子どもと向き合って子育てを行うことができます。

結局は、自分の意思だけでなく夫や周りの人、職場の理解にも左右されるでしょう。しかしどんな状況にしろ、医師としてのキャリアを継続させる方法は容易な選択ではありません。本当に必要なのは、女性医師がキャリアを継続させながら子育てを行うことができる環境や、法律の整備なのではないでしょうか。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.