女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 小児科

小児科の女性医師求人

小児科は、子どもの疾患を全体的に診る科で、発熱や腹痛といった、外傷以外の全ての疾患を総合的に診察します。子どもの場合、湿疹や蕁麻疹など、皮膚に症状が出ても、川崎病や溶連菌感染症などの全身の病気の一つの症状として表れている事も多くあるため、子どもの皮膚病は、まずは小児科へ受診することを勧めています。

また、小児科は幼い子のみを扱っているように感じますが、生まれてすぐの新生児から、中学卒業までを対象に病気の診察や予防接種、子供の健康診断、育児相談などを行っています。小児科は地域を問わずどこにでもある診療科で、小児科医は広く求められています。

小児科医は、病気について広く知識を持つ必要があり、喘息や麻疹といった子どもならではの病気に対する深い知識を持つことが求められる経験の世界です。しかし、薬の量や形、検査方法は子ども一人一人に合わせていく必要があり、その都度試行錯誤していく必要があるのです。子どもは症状を言葉で伝えることが難しいため、表情や意識から症状を読み取ったり、親とのコミュニケーション能力も必要になってきます。そんな時に、女性医師の柔らかな雰囲気は、男性医師よりも子どもの緊張を解きやすく、女性の高い洞察力で的確な診察を行うこともできるでしょう。そんな背景から、女性の小児科医は高い需要があります。

現在日本には2万人近い小児科医がいると言われていますが、地方や一部の地域では小児科医の数が不足しています。夜間に救急で運ばれてくる子どもの受け入れができず、たらいまわしにされる地域があったり、医師不足から小児科が廃止される病院もあり、医師一人当たりの負担が重いという現状なのです。また、小児科の特徴の一つとしては時間外の患者数の多さが上げられます。緊急性がなくとも、病院へ連れてこられる子どもも多いため一日に診察する患者の数は必然的に多くなってしまいます。これらの状況が更に医師不足を招いて、悪循環を引き起こしています。

そんな状況から、小児科医の求人は非常に多く、大きな病院からクリニックまで幅広く募集されています。大きな病院だと、当直やオンコール待機もありますが比較的給与は高い水準で、中にはワクチン接種が中心の採用もあります。また、クリニックの場合には当直やオンコールのない求人もありますので、子どもが小さく、働くための条件の多い方でも、自分の条件にあった職場を探すことは他の科よりも比較的容易にできるでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.