女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 乳腺外科

乳腺外科の女性医師求人

乳腺外科とは、乳腺に関する全ての疾患の検査や治療を行う科です。乳腺に関する症状があった時には、婦人科でも受診することができますが、乳腺外科では乳腺に関する疾病のみを扱っています。

乳腺外科の1日は、毎日の回診、週に数回の外来診療、週に何度かの手術、当直、オンコール待機ととても忙しく、十分な睡眠が取れずに翌日の回診に行かなければならない状況の病院も多くあります。働く病院やクリニックによって程度はありますが、乳腺外科は比較的大きな病院にありますので、どうしても当直やオンコール待機が必要になるようです。

乳がんは女性の罹患率一位のがんであり、現在も増加し続けています。その乳がんや乳腺炎を扱う乳腺外科医の仕事は診断や治療、時には手術や薬物療法、放射線療法などを患者の症状に合わせて行っていきます。しかし、治療が一度終わっても、再発の恐れがあるため、10年近く経過を見て行く必要があるのです。乳腺に関する疾患は婦人科でも受診することができますが、乳がんの患者が増えていることで乳腺外科という科が増えてきています。最近は乳腺外科専門のクリニックもできてきているため、多くの乳腺外科医が求められています。

乳腺外科医のメリットは、なんといっても必要とされていることです。乳腺外科での診察は乳房の触診もあります。乳房をよく見たり、触ったりするとなると、男性医師に抵抗を感じる女性はとても多いものです。したがって女性医師が診察を行うと、緊張することなく安心して診察を受けられるということで、乳腺外科は患者側から大きな需要があります。また、乳腺外科医の需要は全国の場所を問わず募集しており、他の科に比べて転職や復職がしやすくなっています。更には、自治体による市区町村検診や企業による職域検診自治体で、乳がん検診を行っていますので、健診センターでの求人や産業医や巡回健診医としての採用もありますので、広い分野での活躍が期待されています。

一方で乳腺外科医のデメリットは、研修中や若い時に基本的な手術の手技を身体に叩きこむ必要があります。日々の回診、手術、外来の流れは研修でほとんど身についていきますが、その期間にいかに技術に磨きをかけるかが乳腺外科医として重要なことになります。乳がんの手術患者の3分の2が希望する乳房温存手術は見た目にも影響する部分となるため通常の手術よりも更に高い技術が求められます。もちろん研修会や自分の力で、技術を高めていく必要がありますが、技術を教わることのできる外科医としての力をもった医師に出会うことも必要です。

また、乳腺外科医の求人には医療機関によって手術や当直の条件が色々とありますので、自分の条件を明確にしておくことが重要です。また、乳腺外科は総合病院といった大きな病院もあれば、乳腺外科専門のクリニックもあります。総合病院や大きな病院での勤務は、手術の施設が充実していたり、他の科との連携もしやすかったりという特徴があり、クリニックは手術、当直やオンコールの少ない所もあるでしょう。よって、どちらが自分に合っているか条件で比較して選択する必要があります。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.