女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 内科

内科の女性医師求人

内科とは、病気や軽いけがをしたとき最初に患者が受診する診療科です。病気やけがの原因を的確に判断し、初診患者に最も適切な医療を受けさせるための診察を行うところで、内科の中で消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌内科など数多くの専門に分かれます。最近では、こうした専門をまとめて総合内科や総合診療部という科も総合病院や大学病院から徐々に増えてきています。

内科での勤務は、医療機関にもよりますが、外来業務や予約診療、病棟管理などが主な仕事です。当直は務める病院、医師の年齢や希望により異なるでしょうが、平均して月に3、4回程度はあるのが一般的です。オンコール待機はローテーションで担当を振っていますが、他の科との医師と協力をすることでオンコールの負担軽減を図ろうとしている病院が増えてきています。

なんといっても、内科のメリットは総合的な診察を行っていきますので、その後に転職や転科をしたり、開業したりする時に強いでしょう。また内科の中で、消化器内科や呼吸器内科、循環器内科と分化するため、総合的な診断する力を身につけながら、自分の専門とする科、強みとなる科を手に入れることができます。その専門医の資格を取り、経験を積めば、女性医師が出産や育児のために離職をしても、復職する時に有利に働くでしょう。

また、専門を追求し過ぎると他の科や総合的な診断技術の分野で活かすことができなくなりますが、内科医を経験すると、その後、新薬や化粧品の開発に携わるメディカルドクターや、アマチュアやプロの選手をサポートするスポーツドクター、他にもクリニックや健診機関での勤務、介護施設や離島での勤務と分野を広げることも可能になるため、内科医は他の診療科よりも、将来の選択の幅が広くなるといっても過言ではありません。

一方で内科のデメリットは、毎日の外来業務や当直、オンコール待機といった日々の労働の過酷さでしょう。そのような激務を改善するためにそれぞれの病院や国が動いているものの、その効果は未だ感じず、医師不足のために少ない人数で内科を回す病院がたくさんある事実は否定できません。

内科医の求人は女性医師を含めて非常に多く、都会や地方に限らず大変重要のある診療科となっています。厚生労働省の必要医師数実態調査によると一般内科だけでも全国で28,000人と、現員医師数が最も多い科目という事もあり、 全国的にかなりの求人があります。よって、内科医は他の科の医師と比較して、転職の際の選択肢が広いと言えます。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.