女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 婦人科・産婦人科

婦人科・産婦人科の女性医師求人

「婦人科」「産科」「産婦人科」とありますが、まずはそれぞれの説明から行います。産科とは、産科とは妊娠や出産、新生児に関わることを扱う診療科で、婦人科とは、子宮や卵巣、卵管、膣などで起こる女性特有の疾患を扱う診療科です。そして、産婦人科とは産科と婦人科をあわせた診療科のことで、妊娠や出産、女性特有の疾病や女性器腫瘍を中心に診療する科になります。

産科と婦人科の状況は異なりますので、それらを分けて書いていきます。まずは現在、医師不足が問題となっている産科ですが、24時間対応ということで連読勤務や月20日の当直が当たり前といった過酷な労働環境があります。もちろん働く病院やクリニックによりますが、深夜に多いお産に対応するためには、どうしてもそのような労働環境になってしまいます。また、本来ならば新しい生命の誕生に携わることのできる、強い感動と喜びを感じることのできる科であるのにも関わらず、他の科よりも約3倍も高い訴訟率ということも、医師不足を促進させています。

そんな状況から産科の求人はかなり多く、転職希望医師の数よりも求人数が大幅に上回っているほどです。求人状況としては、総合病院から産婦人科専門医院、クリニックまで幅広く医師の募集があります。よって、それぞれの医療機関で提示年収を上げてきたり、条件を高めたりしているようです。

また、産科医の面接では、ハイリスク分娩に対する姿勢や、これまでの経験、当直やオンコールに関することも尋ねられますので自分の考えをしっかりと持っておくことが大切です。様々な問題が掲げられる産科ですが、求人が豊富ということは、女性医師でも転職活動もしやすく、自分の条件に合った医療機関が見つけやすいということでもあります。

一方で、婦人科は、女性特有の疾患を扱うため、決まった診療時間の外来だけで十分なのです。時には急患対応もありますが、それほど頻繁ではないため、医師の肉体的な疲労は他の科よりも過酷ではありません。また「女性医師」という部分を活かして、患者に安心感を与えることができ、病院の受診のハードルを上げることもできます。

婦人科の求人においては、婦人科手術の可能な範囲の広さで結果が異なります。専門が腫瘍なのか、子宮筋腫や乳がんなのか、どの手術もできるのか、といった経験や技術がものを言うこともありますので、可能な時に専門性を高めたり、専門医の資格を取っておいたりすると転職は優位に働くでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.