女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 放射線科

放射線科の女性医師求人

放射線科は、放射線を利用して病気の診断や治療を行う科です。放射線科は、大きく分けて「診断」と「治療」の二つに分けることができます。まず、診断部門では、X線(レントゲン)写真やCT、MRIといった種々の造影検査など色々な手段を使って得られた画像から病気を見つけ出し診断しています。診断を行う医師を放射線診断医や画像診断医と呼ぶこともあります。また、治療部門は病気の部位に対して放射線を照射することによって主にがんの治療を行います。

放射線科の診断部門での勤務は、超音波検査、MRI, CTの診断を中心に行われることが多く、他の診療科のとのカンファレンスや緊急手術カンファレンスが多いのが特徴です。医療機関によって、当直やオンコール当番もありますが、比較的仕事とプライベートを両立しやすい科でもあります。

診断を行う放射線科医は、臨床医にとって大切なパートナーであり「医者の医者」とも呼ばれます。よって、放射線科医は画像診断の特性を理解すると共に臨床も学ぶ必要があるのです。また、画像の診断を急いで報告しなければいけないものもありますが、そうではないものもあります。時間に余裕のある仕事は自分のペースで仕事の順序を定めることができるという、医師の中でも特殊な特徴があります。

一方で、放射線科の診断部門に勤めた時には、患者と直接関わることは多くはありません。患者の傍で治療に携わり、患者からの感謝の言葉を生きがいとする医師にとっては満足のいかない点なのかもしれません。

治療部門では、がんに対する放射線治療が主な仕事で、脳腫瘍から骨、皮膚、その他すべての臓器を相手に治療を行います。また、ファイバーや内視鏡検査も行いますので、医療手技も必要になります。治療部門での勤務は比較的スケジュール通りに行うことができるというメリットがある反面、治療部門の求人は全国的な多くはありません。よって、経験や専門医の有無が重要な選考ポイントなります。

一方で、診断部門では、遠隔画像診断サービスというものもあり、自宅や医療機関以外の場所で診断を行うことも行われています。また、画像診断センターというMRIやCT、超音波などの放射線診断機器を保有しながら診療を行う施設も解設されており、ここでは読影業務のみでなく患者の放射線診療にも携わることができます。このように放射線科医の働き方は幅広く、女性医師のキャリアの継続や仕事と育児の両立において良い選択を取ることができるのです。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.