女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 皮膚科

皮膚科の女性医師求人

皮膚科とは、皮膚疾患を専門に取り扱う科です。手足や顔、身体から耳、鼻、口の中まで器具を使わずに肉眼で見える範囲が皮膚科の診察範囲です。更には、爪や毛髪の疾患も皮膚科で扱っており、湿疹やかぶれ、アトピーやニキビ、やけどや化膿などの症状から、全身疾患の一つの症状として皮膚に現れる症状や、切除の必要な皮膚のできものなど、その皮膚病の種類は数千種類といわれています。

皮膚科は全体の医師に対する女性医師の割合が最も高い科です。当直や時間外の救急呼び出しが少ない事、体力が必要ではなく、長く続けられることなどで、仕事と育児の両立がしやすいことが理由であると考えられています。また、美容やアンチエイジングとも繋がりのある科であり、女性にとって身近なものであることから、皮膚科を希望する女性医師が多いと考えられています。

皮膚科医の勤務は、有床の病院であれば回診から始まり、外来診療、手術、当直や夜間の救急外来などの業務を行います。クリニックの場合には外来のみで、当直がないところもあるでしょう。しかし現在、患者の高齢化により合併症のある入院患者が増え、重症の皮膚疾患患者の入院は大病院がほとんどであるため、有床病院に勤務する皮膚科医の負担は増えています。そこでは、当直やオンコールに応じる必要がありますので、現在の医師不足や激務は皮膚科でも同じ状況です。女性医師の離職を防ぐために、当直を免除したり、院内保育所を併設したり、と状況を改善させるために活動は行われているものの、未だ過酷な状況にいる皮膚科医は少なくありません。 

また、皮膚科医のデメリットとしては、転科が難しいということが挙げられます。皮膚科の専門医ということで得た知識や経験は、他の科では活かしにくく、もう一度始めから勉強する必要が出てきます。

しかし、皮膚科医として経験を積んだ場合、美容クリニックや化粧品開発部門で勤務することも可能になり、年収が上がったり、週に数回の勤務で同じ年収が貰えたりと条件がよくなる場合もでてきます。そのため皮膚科医は選択肢の幅が広いため、皮膚科の中でも自分にあった専門を見つけることができたり、育児を行いながら働くことができたりします。

また、皮膚科医の求人は、対応の可能な範囲の広さで結果が異なることもあります。アトピーや粉瘤、悪性黒色腫といった専門が何なのか、どんな手術ができるのか、といった経験や技術がものを言うこともありますので、可能な時に専門性を高めたり、専門医の資格を取っておいたりすると転職は優位に働くでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.