女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 外科

外科の女性医師求人

外科とは、薬物療法ではなく、手術的な方法によって病気や怪我を治療する診療科です。どんな部位に対しても外科的治療を行うことになり、外科の中で消化器外科、心臓外科、呼吸器外科、内分泌外科、腎臓外科、脳神経外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、美容外科、口腔外科などに分かれていきます。

外科での勤務は、基本的に回診、手術、外来の繰り返しになります。そのスケジュールの中に病棟業務や会議も入ってくる上に、当直も月に3、4回ほどあり、オンコール待機も月に同じくらいあるのが一般的です。女性医師も例外ではなく、ハードワークをこなす必要があります。あくまでの平均なので、病院や医師の年齢によって異なる部分がありますが、その忙しい日々の中でいかに手術の高い技術を身につけていくかが、外科医としての肝になるでしょう。

外科医のメリットは、身に付けた手技が一生の宝になることです。研修医時代に培った外科手術の手順や手術道具の使い方といった基本主義は、少し専門が変わっても同じ外科手術として通用します。また、内科のように総合的な診断や判断はできなくとも、専門領域の外科的な内容で自分を確立することができるというメリットがあります。テレビで報道されるような「名医」は外科医が多いですよね。それは、それだけ専門性を追求し、患者と共に治療や手術を行うことができるからです。外科医ほど、患者や家族から感謝される仕事はないといっても過言ではないでしょう。

一方で外科医のデメリットは、研修中や若い時に基本的な手術の手技を身体に叩きこむ必要があります。日々の回診、手術、外来の流れは研修でほとんど身についていきますが、その期間にいかに技術に磨きをかけるかが外科医として重要なことになります。もちろん研修会や自分の力で、技術を高めていく必要がありますが、技術を教わることのできる外科医としての力をもった医師に出会うことは運もあるでしょう。しかし、その師匠となる医師に出会うことは外科医して非常に大切なことです。

他にも、外科医の転科は難しいというデメリットがあります。内科は総合的な診断を行っていますので、その後に専門の科に転科をしてもその経験を活かしていくことができますが、外科で身に付けた手技や経験は外科しか活かすことができません。それは大変難しいことではありますが不可能なことではなく、外科から内科、他のへと転科している医師ももちろん存在しています。

現在、規模の大きい病院の外科の求人は充足傾向にあります。小規模の病院では、募集をしているところもありますが、規模が小さいがために、設備の不足や、医師の人数、症例数が少ないという特徴があります。しかし、求人を探して行けば大規模の外科でも募集しており、女性医師や若手医師の採用に積極的におこなっている病院もあります。

一方で50歳以上の医師で手術を希望する医師の募集は、少なくなっているため、現在の年齢が50歳以上の方は根気強く探す必要があります。また、特定の手術以外は行いたくない、といった医師は採用されにくいため、外科医として転職するのであれば、自分の専門領域だけでなく広い範囲の外科手術を行える医師が重宝されるようです。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.