女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を診療科別で探す >> 眼科

眼科の女性医師求人

眼科とは、眼の病気や治療などを専門に取り扱う科です。近視や遠視、老眼などのように、物が見えづらくなったというものから、痛みや異物感、出血、眼の疲れ、かすみや異物が見えるといった見え方の異常などを診察して治療を行います。眼は高血圧症や糖尿病などの多くの全身疾患の際に症状を表わすことがあるため、様々な全身疾患の診断や治療の予定において、眼科は重要な役割を担っています。また現在は、心療眼科として視力症状を中心とする神経症や心身症などを主に対象としている科も存在します。その心療眼科では、一般の眼科的治療だけでなく積極的に心理療法も行っています。

眼科は全体の医師に対する女性医師の割合が皮膚科に続いて2番目に高い科です。当直や時間外の救急呼び出しが少ない事、体力が必要ではなく長く続けられるため、仕事と育児の両立がしやすいことが理由であると考えられています。また、眼科の手術は非常に細かく繊細な技術も必要となるため、女性が進出しやすいということもあるでしょう。

眼科の病院によって、手術をほとんど行わない病院もあれば、緑内障や白内障手術に積極的な病院もあります。中高年に多い緑内障や加齢で引き起こされる白内障手術は、高齢化社会の現在、多くの人に必要な手術でもあるため、高い技術力を持った医師が求められており、名医となった時には、年間1000件の手術を行う眼科医もいるほどです。更には、眼科の手術は日々発展しており、最先端の医療技術を常に学んでいくこともできるため、眼科医の中でも自分のライフプランに合った選択をすることができるでしょう。

眼科医のデメリットとしては、転科が難しいということが挙げられます。眼科の専門医ということで得た知識や経験は、他の科では活かしにくく、もう一度始めから勉強する必要が出てきます。しかし、眼科医として経験を積んだ場合、クリニックや屈折矯正手術の代表であるレーシックを行っている病院に転職した場合、年収は通常の眼科医をはるかに高い金額となります。レーシックが未経験でも採用を行っているクリニックもあり、中には年収3000万円以上という求人もあるほどです。

眼科医の求人は、手術の可能な範囲の広さで結果が異なることもあります。専門が何なのか、どの手術もできるのか、といった経験や技術がものを言うこともありますので、可能な時に専門性を高めたり、専門医の資格を取っておいたりすると転職は優位に働くでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.