女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を条件別で探す >> ワークシェアリング導入の求人

ワークシェアリングが導入されている女性医師の求人

最近、少しずつ耳にするようになって「ワークシェアリング」という言葉。ワークシェアリングとは、労働者一人分の仕事を数人で分かち合うことで、労働者一人当たりの労働時間と労働内容を減らす試みです。これは医師の世界だけでなく、一般的な企業でも雇用機会を作り、一時的な景気の悪化を乗り切るために取り入れられています。

医師の場合、毎日の勤務や当直、オンコール待機などの勤務体の負担を軽減するために、医師2人で診療や当直を分けあい勤務するワークシェアリングが一部の医療機関で取り入れられています。特に、出産や子育てにより常勤を辞めなくてはいけなかった子育て中の女性医師が行う例が多く、互いに隔日や決められた曜日に勤務をすることによって仕事と子育ての両立を可能にした例があります。

ワークシェアリングのメリットとしては、毎日の過酷な労働が軽減されることや、常に代替医師がいるため子どもの行事や急用などで、希望の休みが取りやすいことが挙げられます。また、アルバイトや非常勤でもないため医師としてのキャリアも継続させながら、子どもとしっかり向き合うことができるようになります。

オランダやアメリカで多く取り入れられているワークシェアリングですが、日本ではまだ例が少ないため、実際にワークシェアリングで働くためには多くの難問があります。まずは、同じ境遇、同じ職業意識を持つパートナーが必須なため、地方で探そうと思うと難しいところがあるでしょう。

また、勤務分担の仕方や給与、賞与、雇用に関することの当事者同士の話し合い、雇用側との話し合いも必要になります。様々なルールも必要となるため、当時者同士で行うことは難しく、第三者の加入によって明確にする必要があるでしょう。

医師バンクや転職エージェントの相談員と相談、交渉を行うのも良い選択です。また、一人分の労働を二人で分担して行うため、給与も半分になります。雇用側にとっては、給与は一人分の支払いであっても、雇用保険や社会保険といった個人に関することは二人分となるため、ワークシェアリングを導入することで手間や必要経費が増えることは言うまでもありません。

そんな事情から、ワークシェアリングを導入している医療機関はごくわずかですが、女性医師が自分のライフスタイルにあった働き方を実現し、社会に貢献できる一つの方法がこのワークシェアリングです。しかし、現在ワークシェアリングの求人や情報は非常に少なく、医療機関やパートナーとの問題で非公開求人として扱われていることも多いため、転職エージェントを利用して相談員と相談してみる方法をお勧めします。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.