女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を条件別で探す >> 託児所・保育所完備の求人

女性医師の託児所・保育所完備の求人

現在、女性医師の出産や育児による離職を防ぐために、施設内に保育所を設置する病院が増えてきています。10年前は、医師は自分の勤務する院内保育園に子どもを預けることはできませんでしたが、平成14年より医師の子どももその対象となりました。

その院内保育園も多種多様化し、一時保育や24時間対応を行ってくれたり、中には英語教室や音楽教室、体育教室などを取り入れていたりと、医師や看護師の子どもたちの無限の可能性を引き出すことのできる、大変良い教育環境になってきています。子どもをただ預けるだけではなく、教育を行う場として変わりつつあるため、子どもの将来も含めて、医師が安心して医療に取り組むことができる医療機関も増えてきているのです。

しかし院内保育所も医療機関によって、保育時間が限られているところもあります。また、長時間保育を行ってくれていても看護師向けの園となっていると、その他の職員は9時から4時までしか利用できないこともあります。

よって、医師が常勤で働くためには院内保育所の後に他の保育園に連れて行く二重保育が必要となる場合もあるのです。その二重保育を防ぐために、始めから保育園に入園できると良いのですが、待機児童の問題から申し込みをしても入園が決まるまでかなりの時間を要します。一刻も早く医療の現場に復帰したいと考える女性医師にとっては託児所や保育所を完備する医療機関が条件となるでしょう。

一方で、託児所や保育所を完備する医療機関にも子どもを預ける上で問題があります。万が一、子どもが風邪や病気になったり、病気がほとんど治っているが様子見が必要な時には、保育所に預けるわけにはいきません。

そんな時には病児・病後児保育所が利用できるところもあります。病児・病後児保育所は、乳児から小学校低学年までの児童が病気や、病気の回復期で集団保育や家庭での保育が困難な時に、その子どもを預かってくれます。中には、小児科医の回診や薬の処方の行っている病児・病後児保育所もあるほどで、病気やかぜをひきやすい子どもにとって大変ありがたい施設です。しかしながら、保育所によって強い感染力のある病気や、その病気の疑いのある子は預かることのできない場合もありますが、隔離保育室も併設しているところでは可能になります。

このように、女性医師が出産と育児を並行して仕事を続けられる環境は少しずつ整えられてきているため、託児所や院内保育所、病児・病後児保育所を完備している医療機関を探してみるのも良いでしょう。このような環境があると、女性医師も常勤として仕事と子育ての両立が可能になるでしょう。そんな条件の求人は転職サイトで条件検索も可能ですし、転職エージェントの相談員に相談してみるのも有効です。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.