女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師求人を条件別で探す >> 常勤の求人

女性医師の常勤の求人

年々少しずつ増えている女性医師は、厚生労働省の平成24年の調査によると、5万9641人となっています。その年の全国の医師数は30万3268人となっているため、女性医師は全体の5分の1を占めるのです。

女性医師が常勤として求人を探す場合、様々な求人が該当することでしょう。病院やクリニック、産業医や化粧品開発メーカー、といった場所で週4日以上勤務する場合には常勤として扱われることが多いようです。常勤とは、一日8時間程度の勤務をし、一週間で32時間、週に4日勤務を行うと常勤医師として認められます。そして、常勤ではないものを非常勤と呼びます。一見、勤務体系の違いだけのような常勤と非常勤ですが、想像以上に大きな差が見られます。

まず、常勤医は社会保険料を雇用主が一部負担してくれます。また、確定申告を雇用側が行ってくれたり、福利厚生が良かったり、様々な手当てや控除が付いたりと非常勤よりも優遇されています。更には、保険料や控除を差し引いた金額に所得税が掛かるため、手取りが増えるというメリットもあります。労働者側からすると、非常勤医よりも常勤医の方が、待遇が良いのです。

しかし、雇用側からすると常勤医に社会保険料を支払ったり、確定申告を行ったりしなければならないわけですが、非常勤医にはそのような必要がなく必要な経費が少なくて済むので、医療機関によって非常勤医を求めているところも多くあります。また、大学病院においては、「常勤契約は助手以上講師、助教授、教授のみ」とされているため、研修医や多くの医員は非常勤として勤務しています。

女性医師が常勤医として働く場合には、様々な問題が発生してくるといえるでしょう。20代に研修医として働く分には日々の決められた勤務は気にならなくとも、結婚をして子育てを行いながら常勤医として働きたいのであれば、それなりの環境が必要です。

まずは、子どもを預けて働くために配偶者や両親の理解が必要でしょう。また、子どもが就学前であれば、子どもを預ける必要がありますので、保育所や託児所も必要です。待機児童問題となっている今、医療機関によっては、医師や看護職員、その他の職員を対象にした院内保育園を併設したり、病児保育を行っていたりする医療機関もあるため、子どもを預けて働くことができるようになります。また、当直や時間外業務が元々ない医療機関もありますし、当直や時間外業務のある医療機関でも、女性医師を対象に妊娠後、出産後1年間の当直業務や時間外業を免除されるところも存在しますので、求人の条件、採用時の相談で交渉することも可能です。

常勤医としての勤務は、給与や待遇の面で非常勤医よりも優遇されますが、女性医師ならではの様々な条件を乗り越え、医療機関との交渉も必要になります。そんな交渉が難しかったり、面倒だったりする時にはハローワークや転職エージェントの交渉員に相談して、交渉をお願いしてみるのも良いかもしれません。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.