女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師の求人事情 >> 女性医師の役割

女性医師の役割

現在は約6万人いると言われる女性医師は、皮膚科、眼科、小児科、産婦人科を中心に多く属しており、平成24年の医師、歯科医師、薬剤師調査によると、全体に対する女性の比率は皮膚科が44%、眼科が38%、小児科が34%、産婦人科が32%となっています。その背景として、患者が女性の場合に同じ女性だから話しやすい、病院に行きやすいといったことがあるようです。特に、胸についての悩みや、生理に関する悩み、女性特有の病気を抱えている患者にとっては、女性医師を強く望むことが多く、病院や診療科によってはかなり求められています。

また、産婦人科での診察を例に取ると、思春期外来や月経異常、更年期外来、避妊指導において特に女性医師が求められています。その理由として、同性としての共感や細かなコミュニケーションが取りやすいこと、羞恥心を取り除き、患者の心を開かせること、産婦人科の敷居を下げ、受診しやすくさせるということが可能になります。実際に、男性医師と女性医師で能力に差はなくても、産婦人科や婦人科の患者にとっては、男性医師に診察してもらうことは、ハードルの高いものであります。そのため、女性医師がその入り口となって、患者を診察することで、必要に応じて男女関わらず専門の医師に診てもらうことができるようになります。

少し前のデータではありますが、患者にとったアンケートで、低用量ピルを病院で貰う場合、医師の性別にはこだわらない人が67.2%,女の先生がよいと答えた人が31.5%,男の先生が良いと答えた人は1.3%でという結果が出ました。また、出産をする場合に、性別にはこだわらないと答えた人が57.3%,女の先生がよいと答えた人が40.1%,男の先生がよいと答えた人が2.6%となっています。意外にも、性別にこだわらない人は半数以上いますが、男性よりも女性が求められていることが、この結果から読み取ることができます。

女性だからこそ、出産や育児で離職を余儀なくされることもあるでしょう。その後の復職には、短時間勤務が可能な職場や当直、オンコールの無い職場が条件となったり、子どもの保育園、保育所の課題があったりと、様々な難問が立ちはだかります。しかし、世間では女性医師を多く求められている現状があり、女性医師が復職するために「女性医師等就労支援事業」というものも厚生労働省が設置しています。これは、研修受入医療機関の紹介や出産・育児等と勤務との両立の支援を行い、女性医師の離職防止や再就業の促進を図るために都道府県に設置されているものでもあるため、少しずつではありますが、女性医師が働く環境は良くなって行くでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.