女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師の求人事情 >> 女性医師の復職

女性医師の復職

結婚や出産、子育てで医療機関から離職した女性医師が復職するためには、いくつかの方法があります。まずは、「産休制度」「育児休暇制度」の利用です。働いている医療機関で一定期間の産休や育児休暇を取り、その期間が終了したら、その職場に戻るという方法です。一般的な会社でもよく使われている方法ではありまずが、その期間や延長期間については職場や市町村での相談が必要になります。育児休暇制度は誰にでも認められている制度であるため、それが会社員でも医師でも利用できるのですが、実際の医療現場では、医師不足の現状から育児休暇制度があっても使いづらい、使えない状況になっています。

そんな状況の中、それでも子どもを産み働き続けるためには、制度を使わずに働くしかありません。産前のみ、産後のみと、取れる最低限の休暇だけ取得し、すぐに職場復帰する女性医師も多く存在しています。また、休暇を取得できないために、一度退職、休職する女性医師も存在します。その休暇を取得できない理由としては、医師不足による、代替医師がいないことが一番の理由に挙げられます。

しかしながら、一度退職してしまうことが必ずしも間違いとは言えない現状があります。もちろん退職すればキャリアから外れてしまいますが、子どもがある程度まで育てば、もう一度自分の力でやり直すことも可能になります。退職前に十分な経験を積んでいれば、他の医療機関だけでなく、企業での新薬開発、開業医という選択も可能になるでしょう。一度退職することで、現場での感覚は少しの間失われたり、子どもがいることで勤務条件に制限も生まれたりもしますが、その転職により待遇が上がる可能性ももちろんあります。

上記のような理由で女性医師の離職が増えている現状を打開するためには、育児休暇の取得できる環境、復職のための環境の整備が必要になります。勤務体系を柔軟化し勤務体系を多様化すること、当直や休日出勤の免除措置といった方法、また子どもを預ける保育所や託児所の充実が必要です。当直勤務のある医師にとっては、早朝や夜間といった時間外での保育を行ってもらう場所、勤務先での託児所等の施設が必要です。

現在、少しずつ女性医師の離職を止める動き、復職サポートを行う機関が出来てきていますが、現実問題女性医師として離職する方の数は減少していません女性医師として何に重きにおいて仕事と向き合うかが、重要になってきます。離職を考えるのであれば、復職することを前提に、早い段階から構想を練っておく必要があるのかもしれません。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.