女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師の求人事情 >> 女性医師の離職率

女性医師の離職率

数ある職種の中でも医師は、比較的離職率が低い職業と言われています。その理由として、医師免許は一度取得すれば、一生涯有効であるため、自分で定年退職しようと決めない限りずっと働くことができるからです。また、病院にもよりますが、勤続年数や役職に応じてステップアップをしていくことができますので、安定した給与が保たれていることも理由の一つでしょう。医師のそんな状況で離職を選ぶ人の理由は、給料や待遇の不満で転職するよりも、専門性を高めたり、キャリアを求めたりすることが多いようです。

しかし、そんな医師の中でも、女性医師の離職率は50%を越えます。その離職した50%の医師の中でも80%以上は出産や育児などの子どもに関する理由が圧倒的に多いのです。更には、子どもがいる女性医師の離職率は80%もあるのにも関わらず、子どもがいない女性医師の離職率は僅か20%と、子どもがいるかいないかで、これだけの差があります。医師の離職率が高いと、医療の水準が下がってしまいます。結婚や出産を機に女性医師が離職してしまうことで、周りの医師たちは今よりも更に働かなければいけなくなります。

こうした背景もあり、結婚や出産を機に女性が離職しないようにするために、女性医師離職防止活動や復職支援が行われています。その代表として、厚生労働省が行っている「女性医師等就労支援事業」です。これは、研修受入医療機関の紹介や出産・育児等と勤務との両立の支援を行い、女性医師の離職防止や再就業の促進を図るために都道府県に設置されているものです。

他にも、日本医師会による「女性医師支援センター」があり結婚、出産後も働き続けるためのサポートや一度退職した女性医師の再復帰支援等、女性医師のライフスタイルに応じた就労支援を行っています。このようなサポートを利用しながら再復帰を目指すこともできます。

そんな中、復職支援と同時に、離職させないための施策が必要だと提言されています。院内保育園の整備や、休暇取得の奨励、時短勤務の導入などがこれからされていくと、女性医師の離職率は下がっていくでしょう。せっかく、とった医師免許がただの紙切れになることは本人にとっても、国民にとっても望まれることではありません。

女性医師が離職せずに継続し、その人数が増えていけば、地方の医師不足にも光が見えることでしょう。その上キャリアを積む女性医師も出てくることで、医療は更に発展していくことでしょう。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.