女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】

女性医師求人TOP >> 女性医師の求人事情 >> 女性医師の出産

女性医師の出産

女性にとって結婚と並ぶ一大イベントとも言える「出産」、一般的な仕事についている女性も状況やタイミングで悩んでいる方は多くいますが、女性医師にとっても非常に大きな悩みと言えるでしょう。結婚はスムーズに行っても、出産となると育児休暇が必要になります。妊娠ともなれば、勤務中につわりが起こることもあるでしょう。

問題はそれだけではありません。育児休暇を取っている間に、周りの医師はどんどん成長していき、キャリアは遅れていきます。自分が勤務から抜けることで、その分を補おうと周りの医師が今まで以上に働く必要があります。そんな様々な問題から、女性医師の出産は、何かを捨てなければいけなくなってしまいます。キャリアなのか、出産なのか、家族なのか、どれが自分にとって大切なものかを選択しなければいけないのです。

更には、年齢の問題もあります。医学部に6年間通った後、医師免許を取得し、研修を終えるまでにおよそ8年かかります。そこから一人前の医師になるためには3年はかかりますので、その時点でおよそ30歳です。本来ならば、妊娠のしやすさや、出産時の合併症の問題により、20代での妊娠が望まれますが、医師の20代はまだまだ駆け出しの頃。

そんな先を想定し、学生中や研修中に子どもを授かっている医師もいますが、子育てをしながら勉強や研修を行わなければならず、それには配偶者の協力だけでなく、家族や学校、研修先の理解も必要になります。よって、医師として早く一人前になることを優先すると、30代での出産となってしまいます。だからといって、30代での妊娠、出産が高リスクなものかというと決してそうではありません。最も大切なのは本人の描くライフスタイルがどのようなものなのか、ということでしょう。

また一方で、出産して働き続けるための施設が整備されつつあります日本医師会による「女性医師支援センター」は女性医師が結婚、出産後も働き続けるためのサポートや一度退職した女性医師の再復帰支援など女性医師のライフスタイルに応じた就労支援を行っています。このようなサポートを利用しながら再復帰を目指すこともできますが、同時に配偶者の大きなサポートも重要です。家事をどのくらいまで分担するのか、土日の育児をどうするのか、といった話し合いを行うことで、子どもが夜泣きをした時に母親だけが辛い思いをせず、少しでも仕事に集中できる環境を作ることができます。

女性医師のワークライフバランスは永遠の課題といっても過言ではないでしょう。仕事と生活の両立を上手に行っていけるように、自分が努力をしながらも、周りの人たちに助けてもらうことも、もしかしたら必要なことなのかもしれません。

女性医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>女性医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 女性医師求人サイトランキング【※転職希望の女医必読サイト】 All Rights Reserved.